BBCF:ヒビキで相手にどのように接近するか考えてみる&主力技のガード後有利不利について

BBCF
11 /22 2016




以前、ヒビキの起き攻め等を紹介しましたが、
ヒビキで開幕後どういう風に「相手に触れていくべきか」を先に記事を上げた方がよかったですね。
順序が逆でした(汗)

完ぺきとは言い切れませんが整理していきたいと思います。

開幕後の選択肢

バックステップ
一番無難な選択肢かも。相手が飛んでくるようなら、2C(リターン重視)か双翼旋(623C、無敵昇龍)、逆に地上ならこちらからジャンプ。

5D
相手が様子見していたりバクステするようならコレ。ガードされたら6Dや、比翼陣で触ってみる。
ただし、飛び道具を合わせられると分身を貫通して本体に当たってしまうリスクもある。(すべての分身に当てはまる)


飛斬衝(214C)
展開が早く、通常ガードされても微不利で確反は無い、ただし直前ガ―ドされると5A始動のコンボが確定。また、技を置かれていたりすると簡単に潰されてしまうので注意。
ヒット後は比翼陣で二択か低空ダッシュJBかJCで詐欺飛びで迫ってみる。


飛斬衝を通常ガードさせた後、相手が5A等で切り返しを多用してくる相手なら双翼旋で潰すこともできる。
HG50%以上あるなら、なお良い(RCで隙消しできるため)

3C
ヒビキの中で最もリーチのある技であるが、開幕位置からは相手にわずかに届かない。こちらが少し前に出るか相手が少しでも前進したり技を出せばすれば当たる。ただ、ジンの3C等を合わせられると潰されやすいので注意。また、相手に飛ばれるとかなり危険。できるなら相手に最低限ガードさせたい。ヒット確認ができるなら飛斬衝までつなげたい。

ジャンプ攻撃(主にJC)
全体的に横にリーチのある攻撃に恵まれていないヒビキで特に多用される行動。(多分)
シンプルな接近方法なため、対策されやすいので二段ジャンプやJ2Dをつかって6A等の対空タイミングをずらしたい所。尖嘴刃(空中214A)もたまに混ぜるとよい。

ただし、ラグナのインフェルノディバイダーの様な飛び上がる無敵必殺技に対しては素直にバリアガードを仕込んでおくこと。


奇襲

嶄翔脚→禍討ち(236A・D、当て身技)
ヒビキの体が光っている間に相手が何かしら技を当ててくれば、禍討ちが発動して反撃してくれる。FC対応技であるものの、基本的にゲージを吐かないと追撃できない。ヒット後は3Dで起き攻めがいいかな?

3D
通常ガードで微有利。(直ガで微不利)ジンの氷翔剣やラムダ等のシューティングキャラに対してかなり有効な技だと思ってます。
微有利なのでガードされても強気で5Aで固め直して良い。

飛斬衝 廻(214D)
ガード方向が逆になる裏回り攻撃。噂によると無敵時間があるらしい?が、あっても多分短いと思うのでわかっている人間には持続の長い攻撃で潰してきたり、ジャンプで逃げたりする。使うならこちらが相手を固めているときに使うのが無難。

開幕での使用は飽くまで奇襲である。(ガードされれば確反)




まとめ
・安全に行くならバクステして様子見。相手もあまり動かないようなら5D→6Dで近づいてみる。(ラムダあたりは多用しないほうがいいかも)
・開幕距離(中距離)では相手と同じ高度にいないほうがいいかも。ヒビキのリーチも短いし空対空もさほど強い訳でもないので、、、(相手が地上ならジャンプ、空中なら双翼旋で落とす。)
・不安になるとジャンプが多くなりがち。(自分がそれ)地上ダッシュ→バリガでブレーキして様子見も忘れずに行きたい。

主力技の有利不利(主に必殺技)

飛斬衝(214C)
通常ガードで不利、直ガ5A等が確反。

双翼旋(623C)
無敵必殺技の例にもれず普通に確反。B始動どころかC始動コンボが入る。極力ゲージ50%以上確保したい。

飛斬衝 廻(214D)
上記と同じで確反。少なくともB始動コンボ入れられる。ゲージを(略

比翼陣 天(214A)
通常ガードで不利、直ガで5A等が確反。

比翼陣 地(214B)
通常ガード、直ガ共に確反無し。おそらく通常で五分位?直ガで微不利。

尖嘴刃(空中214A)
通常ガードで5A等確反。

3D
通常ガードで微有利、直ガで微不利






モッピー!お金がたまるポイントサイト

スポンサーサイト

BBCF:念願のスピードスターモード完全制覇!(ついでにプラチナトロフィー取得も達成)

BBCF
11 /17 2016
BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161117055844

と、取れるとは思わなかった(;゚Д゚)

BBCFですが、ようやくプラチナトロフィー獲得達成しました。ダクソシリーズやブラボ等で何個かプラチナを持ってはいるのですが、格闘ゲームでのプラチナ取得は初ですね。格ゲーのトロコンはRPGより難しい印象を持っているのですが、BBCFに関しては比較的ハードルは低かった感じがします。(それでもきつかったけど)

今回はトロコンを目指す際に非常に高い壁の一つであろうスピードスターモード(特にCコース)の攻略法を紹介!

Aコースは余裕。自身の持ちキャラで、とりあえずDD(超必)や、EAでフィニッシュを心がければ簡単、簡単♪

一番の問題はB、Cコース。CPUが手強く特にCコースに至っては全員ボス性能で攻撃を食らうとこちらの持ち時間が減らされるためかなりストレスを溜める人は多いのではないでしょうか?

スピードスターモードB、Cコースを攻略する方法。それは、、、、

ナインでクリムゾンレイダー(214A)で突進して当て続けることです。

BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161117212224


厳密にはこれだけではキツイので、スタート直後は5BB、もしくは5CCをキャンセル→レイダー(214A)とコンボします。その後で画面端までレイダーで運んだ後も、相手が瀕死になるまでひたすら当て続けます。そして、とどめにDDやOD発動直後EAを当てるという行動を繰り返せばクリアできます。

Cコースの場合、瀕死になるとCPUは高確率でバーストで逃げて距離を離しますが、むしろチャンス!



BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161117211528


DDのフレイムバニッシャー(236236A)でとどめを刺せばおk。




BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161117212247
BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161117212254

レイダーがガードされやすいという場合は少し間をあけてレイダーを出すとヒットしやすいです。特にCコースは敵が暴れん坊過ぎるため、よくカウンターヒットしやすいです。BはCPUが比較的おとなしいためC以上に引き付けるか、下段始動コンボをいれる必要があります。(当然レイダー締め。シンプルなコンボでおk。)

こちらがゲージ無しで相手に距離を離された場合、ネイビープレッシャー(214C)でダウンを狙ってるのもアリ。


特にナイン使いでは無い自分がこの方法を使って高難易度のCコースクリア出来ているので、ナインにあまり触れたことがない人でも是非お勧めできる方法だと思います。
Bコースに関してもナインでCコース制覇後、試しに何度かBコースで挑戦したところBでもナインで制覇できました。(余談ですがA、Bの初クリアはヒビキ。ナインの方が楽に感じた。)




え?蒼炎のチャレンジャーが難しい?

、、、、、、、、、、、、、、がんばれ、、、、、、、、(;´・ω・)

モッピー!お金がたまるポイントサイト





アークシステムワークスBLAZBLUE CENTRALFICTION (ブレイブルー セントラルフィクション) 通常版 【PS4ゲームソフト】

価格:6,598円
(2016/11/17 23:01時点)
感想(0件)








BBCF:ヒビキの起き攻めコンボ等について

BBCF
11 /16 2016


動画を上げて一週間も立っていませんが、マイリスト数が30超えていた(自己新記録)のは驚きです。コメントは少なめでしたが、その分やたら感謝のコメントが多く、みんな初心者向け動画に飢えていたということでしょうか?

少しでも需要があるということなら可能な限り、こういった初心者向け動画をドンドン作ろうかと思っています!


本題:ヒビキの起き攻めコンボについて

相手が普通に立っている状態のコンボは前回紹介したので
今度はヒビキでよくコンボの締めに使われる鶚砕き(236A・C)後の起き攻めをどうすればよいか、もしくはどういうコンボをしたらどうかを説明。

相手画面中央付近で前転を狩る場合
5Bで狩る。当たった場合コンボは

5B>2C>5D→6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C
が、可能であるが当たり具合によって5Dが空振り場合がある。
安定重視なら
5B>2C>236A・B>2C>236A・C
も有り(その代わりリターンが安くなる)

相手画面端で前転を狩る場合
5B>2C>5D→6D>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C
前回の画面端コンボの説明で6を入れながらDを二回でいいと説明していたのですが、このコンボに関してはいきなり6Dを入れると当たり具合によっては位置が入れ替わってしまいコンボをミスしやすくなったり鶚砕きまで締めても自分が画面端になってしまうため、必ず5Dから先に当てるように!画面端かつ補正の緩い5B始動のためヒビキには珍しく高火力(3704ダメ)


相手画面中央で寝っぱで起き上がらない場合(あまりないかと思う少し大きい文字けど)
6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C
でお仕置きを

相手画面端、寝っぱもしくはその場起き上がりの場合
2Bを使う

2B>2C>5D→6D>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C
5B始動と違い、Dボタン追撃のところは6押しながらDを2連打でも問題ない。寝っぱ追撃の場合はほんの少し間をおいてから追撃するのがコツ。その場起き上がりだった場合は昇竜を打たれる可能性もあるため、たまには「様子見」も大事。


ちなみに自分が相手の起き上がりで一番困っているのが
ニュートラル起き上がりですね。(その場で飛び跳ねて復帰するアレ)

いろいろ考え抜いた結果、今のところ自分が一番いい選択肢ではないかと思う技は

(地上)3Dです。


理由としては攻撃発生が最速ニュートラル起きに重なるのと、ガードされても微有利だからです。
※自身でトレモで確認。自キャラをラグナ、CPUヒビキでレコーディング再生で試したところ、3Dをガード後5Aで反撃行うと、ヒビキの5Aが先に当たるため。タオカカでも同様。直ガされても微不利で確反はない(と思われる)

中央での飛斬衝(214C)締めコンボで緊急受身をしてきたとき重ねるのもアリかも?また起き攻めとは違いますが素体組(ニュー、ラムダ等)を始めとしたシューティングキャラの攻撃をかいくぐって行く際にも使えます。

相手画面中央3D始動

3D>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

3Dヒット後、ほんの少し歩いて2C→6Dという風につなげれば少し難易度が上がるも火力も少しだけ上がる。

相手画面端3D始動

3D>5D→6D>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

こちらも3Dヒット直後タイミングよく2Cを入れれば少しだけ難易度と威力がアップ。
5D→6Dの所は6入れ(以下略






モッピー!お金がたまるポイントサイト







BBCF:ヒビキ=コハクのコンボについて

BBCF
11 /12 2016
追記:ヒビキコンボ表改定版はこちら


ヒビキのコンボ動画をニコニコでアップしました。

【BBCF】ヒビキ覚えると役に立つ(かもしれない)基本&応用コンボ動画

初心者向けに対戦で必要な基本コンボとそれに毛の生えた応用コンボ程度ですので、マニアックなものはありません。

動画に載っているコンボと動画で補足しきれなかった事も書いておこかと思います。

6D×2の件に関しましては指摘されるまで気づきませんでした。すみませんでした(汗)(確かに6入れっぱなしで再度Dを押すと5Dの分身飛ばしてますね)

注1:数字の部分はPCテンキー表記。5に関してはニュートラルで(レバー、十字キー押さない)
注2:コマンドはすべて右向き
注3:画面端の6D×2の部分に関しては本来は5D→6Dもしくは6D→5Dが正しいが(ヒビキはD→D、2D→2D等同じ入力の技は連続で出せない)6を押しっぱなしでDを二回押すと勝手に5Dが出るため、便宜上6D×2と表記しています。


HG(ヒートゲージ)
DD(ディストーションドライブ、超必)
cOD(キャンセルオーバードライブ)
EA(エクシードアクセル)
J(ジャンプ、空中)

下段始動
2BB>2C>3C>214C
※2Cの前後に立ちCを入れる等コンボ数を欲張ればダメージ増加。ただしコンボ数を刻み過ぎて3Cを空振りしないように注意!


中段始動
4BB>5BB>6BB>6A>3C>214C

上記の2BB始動もそうですが比翼陣で中下2択を仕掛けやすい


中段始動(応用)
4BB>5BB>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

6Aから5C繋ぎは目押し気味で(足元に飛ばした刃物が消えた直後くらい?)。連打でも行けなくは無い


6BB始動
※暴れ潰し等に使用(2A等で固めた直後にでも)上段属性。(中段っぽく見えますが)
6BB>6A>2B>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

6A→2Bはリボルバーアクションではないが繋ぎは5Cほど難しくはない。

自分の場合、嶄翔脚(236A)→裂爪(追加B)を出す際は
A+B同時押し連打でやっています。(鶚砕きも同じくA+C連打)

※A<B<C<Dの順にボタン同時押しの優先があるため。
ただし、裂爪を出す際にCT(クラッシュトリガー)が暴発するリスクがあるので
同時押連打か正攻法でやるかはお好みで

6D始動
6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

画面端6D始動
6D>6BB>6A>3C>214C>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

飛斬衝 廻(214D)による裏回り始動
214D>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C
(便宜上すべて右向き表記)

中央でもノーゲージで3500以上出せる
貴重なコンボ。しかしガードされると確反なので注意!
またヒビキの技で特に警戒される技の一つであるため、対策している相手だとジャンプで逃げたり2A等で潰したり、ナインなど特殊なステップもちなら移動するだけでスカされるため、こちらが固め続けている最中に出すのが無難かもしれない。


画面端下段始動
2BB>5C>6C>J6D>5B>214C>5B>5C>2C>236A・C

応用編
2BB>5C>6C>J6D>Jキャンセル後J3D>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

Jキャンセル後即座にJ3Dの部分が難しいので
まだ慣れない、調子が悪い人はJ3D抜きのコンボで
2B>2C>C>6C・・・・とやれば
火力は伸びる。


画面端中段始動
4BB>5BB>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

画面端6BB始動
6BB>6A>2B>2C>6D×2>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C



画面端JC始動
JC>5C>2C>6C>J6D>5B>214C>5B>5C>2C>236A・C

JC>5C>2C>6C>J6D>Jキャンセル後J3D>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

前投げ始動
6B+C>J6D>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

6B+C>J6D>Jキャンセル後J3D>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

後ろ投げ始動
4B+C>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C(便宜上すべて右向き表記)

画面端前投げ始動
6B+C>3C>214C>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

6B+C>J6D>JキャンセルJ3D>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

裂爪(236A・B※中段攻撃)始動
236A・B>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

画面端裂爪(236A・B)始動
236A・B>2C>6D×2>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

比翼陣 天(214A※中段攻撃)始動
214A>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

比翼陣 天(214A)カウンターヒット始動
214A>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

比翼陣 天(214A)画面端始動
214A>5B>214C>5B>2C>236A・B>2C>236A・C

比翼陣 天(214A)画面端カウンター始動
214A>2C>6D×2>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

画面端カウンターならダメージ4000以上出せる。


比翼陣 地(214B※下段攻撃)始動
214B>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

当て辛い分、リターンは高め
中央でも3700以上

比翼陣 地(214B)画面端始動
214B>2C>6D×2>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C

画面端始動ならノーゲージで4000オーバー!

J3D始動
J3D>2C>6D>6BB>6A>5C>2C>236A・B>2C>236A・C

J3D画面端
J3D>2C>6D×2>6BB>6A>3C>214C>5B>5C>2C>236A・C



ODコンボ関連
※すべて体力ゲージ満タン(ODゲージが一番短い状態)でも使用可能。
B>C>3C>
cOD発動>3C>6D>6BB>6A>3C>632146C(HG50%使用)

なんとなく5B→5C→3Cにしましたが、始動の部分は小パン等刻み過ぎ無ければ大体何でもいい(はず)
以降のODコンボも、3C>cOD>3C>6D、、、等ODコンボだけでなくヒビキのすべてのコンボは同じパーツを使いまわすケースが非常に多い。(楽といえば楽ですけどね、、、、)
なお、ヒートゲージが無い、もしくは温存したい場合は、最後の3C>DDの代わりに3C>EA(エクシードアクセル)で締めればよい。

4BB>BB>6BB>6A>3C>
cOD発動>3C>6D>6BB>6A>3C>632146C(HG50%使用)



214B>2C>6D×2>6BB>6A>3C>
cOD発動>3C>6D×2>6BB>6A>3C>632146C(HG50%使用)

驚異の5000オーバー
が、それゆえ警戒されそう(汗)

6BB>6A>2B>2C>6D×2>6BB>6A>3C>
cOD発動>3C>6D×2>6BB>6A>3C>632146C(HG50%使用)

あんまり長いのでOD発動前に
バースト抜けされやすいのが欠点。

画面端FC6C始動
6C>2C>6D×2>6BB>6A>3C>
cOD発動>3C>6D×2>6BB>6A>3C>632146C×2(HG100%使用)


FC始動なら朧鳳が2連続で入ります。(チャレンジモードにもありますね。)
OD朧鳳締めでも状況は悪くなく、ダメージもこの時点で高火力の為、特に問題はないかと。

(FC始動をきっちり決めたことのない自分が言うのもなんですが)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

リュウとケンが使いこなせないからといって「格ゲー辞める」を止めにしないか?

対戦格闘ゲームの知識全般
11 /11 2016

たまに、格闘ゲーム未経験者の人で見かけるのですが

ストシリーズでリュウとケンが初心者にお勧めって聞いたので使ってみた
                  ↓
波動拳すら使えない自分は格ゲー向いていない
                  ↓
               格ゲー辞める宣言



って流れですが、見切りが早すぎますかと思います。


確かに自分も最初は波動昇龍が使える所謂「リュウケン型」をお勧めることが多いですが、波動拳が出せないのならもっと入力がシンプルでバランスのいいガイルとか、連打で必殺技が出せるエドモンド本田、春麗等それらのキャラを試してから遅くはないです。


もっと言うなら全キャラ触ってみてもいいんじゃないかといいたいです。

全キャラ触っても、しっくりくるキャラがいなければ、ストシリーズを一旦離れてギルティなり鉄拳なり他のタイトルの格ゲーを試す選択肢もありますし、オールラウンダーだからと言って
リュウ・ケンを絶対的な初心者向けと考え、そのキャラだけを無理やり押し付けてしまう発想は新規組の「可能性」を潰してしまう危険性があります。

ちなみに自分はスト2で使ったキャラは「エドモンド本田」だったと記憶しています。当時、小学生の自分にとって波動拳コマンドは難しかったのでボタン連打で必殺技が出せる本田は魅力的に映りました。(勝てませんでしたが)

その後しばらくしてスーファミで「ドラゴンボールZ超(スーパー)武闘伝2」をプレイしたのを機に波動拳コマンドをある程度克服。このゲームをプレイした辺りから格闘ゲームに対して苦手意識が薄れた感があります。

その後、スト2でリュウを使ってみたのですが今度は昇竜拳が安定して出せず、「リュウって難しいな」と思っていた(当時は)次第です。


スーファミ版初代サムスピでは波動昇竜型とは言い難い「右京」を使用。(使った理由はカッコいいから)強キャラとか関係なしに使っていました(大人になるまで強キャラの認識はなかったです)

ストZEROがアーケードに出た当初、ガイルの代替キャラ「ナッシュ」を使っている人がいて、華麗にサマーソルトシェルで締める連続技を見てカッコいいと思いナッシュを使用。


こうやって自分の格ゲーの経歴を振り返ると子供の頃はリュウケンタイプ思ったより使ってなかったですね。
第一にキャラのカッコよさで選んでますね。

って今もそうじゃねーか!


まぁ何が言いたいかというと

初めて格ゲーに触って、たかが1、2キャラ触っただけで使いこなせないからと言ってすべての格闘ゲームをスッパリ辞めるのはモッタイナイっといいたいです。

自分に合う格闘ゲームがきっとあると思います。











あと、現在、BBCFのヒビキ基本、応用コンボ動画を作成中で近日中に上げようかと思います。
(PS4の録画機能のおかげで以前より楽になっているとはいえ、それでも面倒くさい、、、)
モッピー経由で登録すると800P!U-NEXT[音楽chセット申込]
http://moppy.jp/top.php?YpxKe166



ブレイブルーCF:ヒビキ=コハクの性能に大まかに説明してみる。

BBCF
11 /06 2016

BBCF(ブレイブルーセントラルフィクション)ですが、初心者ルームでよくナイン使いとよく出会います。(ナインは基本、上級者向け)動きが明らかに全然初心者じゃなかったですね(汗)

一応フォローしておくと格ゲー経験者であっても使用経験の浅いキャラは動きがぎこちなくなるため、初心者部屋で丁度よく対戦できるケースは多いです。ある程度慣れてくれば初心者部屋を抜けます。(なかには初心者狩り狙いの人もいますが)

自身も格ゲー経験者でありますが、GG(ギルティギア)とは違うBB特有の動きに慣れたいのとヒビキの対人戦経験がほとんどないため、利用させていただいています。

ガチの格ゲー初心者に当たった際は申し訳ないと思っている
(;´・ω・)


後、よくボコにされます。(もちろん初心者ルームで)


本題に張りましょう今回は自分が現在メインで使っているヒビキ=コハクの性能について簡単に語ってみます。

BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161105011205

BLAZBLUE CENTRALFICTION_20161105011100


ヒビキはスピード系寄りのテクニカルキャラを謳っていますが、実際使ってみるとそこまで複雑なキャラでもなかったりします。(同じくCF新規キャラのナオト=クロガネよりは使い易い印象)

彼のドライブ能力「ダブルチェイス」は攻撃判定のある分身を飛ばして相手を攻撃、もしくは分身を残して本体から近づいて直接攻撃して相手を攪乱できる能力ですが、どちらかというと相手の揺さぶりよりコンボパーツとしての使われることが多め。

彼の本当の持ち味は2BBで下段攻撃、4Bと「裂爪(れっそう)」による中段、そしてガード方向が前後逆になる「飛斬衝 廻(ひざんしょう かい)」という豊富なガード崩しの手段超必殺の「冥雷『鵺』(くれみかづち『ぬえ』)」の差し込み能力の高さが売りのキャラ。

また、「双翼旋(そうよくせん)」というノーゲージで対空、割り込みに優秀な昇龍系必殺技持ちでもある。コンボ構成は始動は違えど似たような構成で使いまわしができるため、意外と覚えやすい。

このキャラの欠点として攻撃判定のある分身を飛ばすというと中距離戦は得意だろうと思われがちだが、この分身、実は小パン(A攻撃)一つでかき消されるうえ、飛び道具系必殺技とかち合うと分身が消える上に貫通されてしまうという、ちょっとした悲しみを背負っており、ヒビキ自身もリーチに恵まれていない為中距離戦の刺し合いは苦手な部類である。

そのほかの欠点としては、火力が低めなのとガード崩しに使う技の大半がガードされると確反される必殺技が多いため注意!

昇龍系必殺もちではあるもののラグナやジンのように昇龍系必殺始動のコンボができないためリターンは低め。(ゲージを使えばいけるだろうけどリターンが釣り合わない可能性大)

まとめると

長所

カード崩しの手段は豊富。
双翼旋(そうよくせん)というノーゲージで使える無敵必殺技がある。(対空、切り返しが強い)
ヒートゲージ50以上があれば冥雷『鵺』で差し込みが強力になる。
コンボ構成は使いまわしができるコンボパーツがあるので覚えやすい。

短所

分身の性質上実は中距離はあまり得意ではない。
(飛斬衝 廻始動等の減るコンボがあるものの)全体的に火力は低め。対空成功時のリターンも低い
ガード崩しに使う必殺技の大半が確反持ち




モッピー!お金がたまるポイントサイト

PS4ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)ジェット・ブラックでUSB通信(有線)設定をしてからプレイしてみた感想。

ダークソウル
11 /03 2016
ダークソウル3とブレイブルーCFを交互に遊んでいるうなぎんです。今回はPS4コントローラについての記事になります。

ある時、PS4Pro関連の記事を探っていた時のなんですが、初期型のPS4コントローラが「Bluetooth」通信つまり無線で通信をしていたという事実に気付きませんでした(汗)USB差し込んでも充電しかしなんですね、、、、、

気付かなかった理由として、PS3時代はUSBを接続していれば有線モードになっていたはずですので、PS4コントローラもてっきり同じ仕様かと思い込んでいたのと、オンライン関連が不得手で有名なフロムのゲームをやり続けていたため「遅延があるのはフロムが原因」と勝手に解釈していた為。

じゃあ、初期型PS4のコントローラで遊んでいる人は、どうすれば有線モードで操作できるのか?

答え:新しいコントローラ(純正品)へ買い換えましょう↓↓↓



購入したら、遊ぶ前にちゃんとPS4の「設定」→「周辺機器」→「コントローラー」→「通信方法」で「USBケーブルを使う」を選択して設定するのを忘れずに


自分もつい最近リンク先のコントローラを購入した次第です。早速ダクソ3にて闘技場で新コントローラを使い有線操作を体験してみました♪


























うーーーーーん、、、、、、、、、、、、、



いつもならボタンを連打した際に余計なR1攻撃やローリング回避が少しだけ減ったかな?

結論:ボタン連打の際の余計な暴発が少し減ったかもしれない?
※注:単なるプラシーボ効果の可能性有り(;´∀`)


ダークソウル3ではさほど劇的な変化というのは感じられませんでしたが、格闘ゲームやFPSでは変化を体感している人が少なくないようです。ジャンルやタイトルによっては操作感覚が違ってくるのかもしれません。

フロムがACシリーズ続編を作成しているという噂もありますし、それに備えておいたと考えていれば今回の出費も無駄じゃないと思いたい所。

これから新しく遊ぶゲームがBluetooth通信による弊害がないとは言い切れないですし、お金に余裕があれば買っていって損はないと思います。



モッピー!お金がたまるポイントサイト

うなぎん

FC2ブログへようこそ!