亀ながらブラッドボーンのプレイ感想(アクション、操作性について)

ブラッドボーン
05 /23 2015
どんどん更新が滞て2か月以上も間をあけてしまった(;゚Д゚)理由は単に怠けていただけです(汗)申し訳ない。(見る人なんてほとんどいないだろうけど)ブラッドボーンが肌に合わなくで更新しなかったとか、そういうことは全くないです。ご安心を!



生存報告はここまでにして、ブラッドボーンの自分なりの総評をざっくりと書いてみようかと思います。



ブラボ特有のアクションと操作性の感想



ダークソウルと比べるとキャラの移動スピードが上がっています。(デモンズはやったことがないので比較できないです。申し訳ない。)体感ですが約1.2倍ほど動きが早めになっているように感じます。目に見えてわかるのがダッシュですね。回避動作ではノーロック時は相変わらずソウルシリーズ恒例のローリング(前転、後転移動)ですが、ロック時はローリングでなくステップで移動するためモーションが短くゲームスピード向上に拍車をかけています。



攻撃面ではダークソウル2以前では片手持ち/両手持ちに対して、ブラボでは武器変形前/変形後に置き換わっているだけで一見アクションパターンの量がさほど増えていないのではと思われがちですが、攻撃中に変形ボタンを押すと変形させながら攻撃したり、変形以外にもダッシュR2攻撃の存在、ダッシュ攻撃とバクステ中の攻撃が一緒の攻撃モーションでないなど思いのほか増えています。



銃に関しては今までのソウルシリーズにはなかった武器カテゴリですが、ダメージは全体的に控えめで(大砲を除く)近接武器の出番を取らないように程よく調整。また、敵の攻撃モーション中にうまい具合に銃攻撃を当てると相手が膝をついて「内臓攻撃(今までの致命の一撃のポジション)」を決めることが可能に。今までのパリィの役割も兼ねています。ただ、基本的に弾数が20発までしか持ち歩けないので使いどころを絞る必要があります。



ガードに関しては左手装備の「木の盾」のみでしか行えないようになっています。性能はイマイチでソウルシリーズ経験者にわかりやすく言うと「パリィ機能のない小盾」といった感じで、盾受けしようものならあっという間にスタミナが消失します。(左手装備は銃を装備する箇所なので、必然的に銃パリィを捨てる形になり、「パリィ機能のない小盾」と表現したのはその為。)なので、今までのシリーズでは盾受けしてローリスクに反撃といった定石が通じなくなっています。ダクソあたりではガン盾が比較的強い戦法だったのでそれを廃止できたのは大きな利点。それだけに強力な攻撃を食らうか避け切るかの「緊張感」と攻撃を避けた時の「安堵感と達成感」が大きく感じます。



アクション、操作性の不満点



アクションの不満点としては、「リゲイン」システムが思ったより空気な印象を受けてしまいます。攻略面ではヘタに攻撃して減ってしまったHPを回復させるよりも距離をあけて輸血液を使って回復させたほうがローリスク。(輸血液の回復モーションも隙が少ない野も拍車をかけているような気がします。)せいぜい敵を倒した直後に武器を振り回し続けて回復するくらいにしかリゲインの恩恵を感じないですね。



それから、対人戦に選択肢の少なさが目につきます。ダクソだと大まかに選択肢を分けると攻撃、回避、パリィ、ガードとあったのですが、ブラボではガードが抜けて動きが少し単調に見えてしまいます。(攻撃アクションパターンが増えたのにもったいないです。)ただ、ダクソではガン下がりガードが強すぎて後出し有利だった為、ガン待ちは嫌だという人は今作のブラボのシステムが合ってると思われますので一概に欠点とはいえないかもしれません。



操作性に関しては、ジャンプのやり方に不満を感じます。ダークソウル2で出来ていた「ダッシュ中にL3ボタン」ができなくなっている点です。「ダッシュ中に×ボタン」だとステップ等の回避行動も×ボタンと被っているためダッシュ中に回避動作をやろうとするとジャンプが暴発しやすいのが欠点。



武器、防具ともに装備品全般の種類も少ないのも目につきます。武器に関しては一つの武器に多くのアクションを詰め込んで「質」を重視した弊害なのは予想できますが、防具の種類の少なさはどうにかならなかったのだろうか?と感じます。(似たような服ばかりという声を結構見かけます)









不満点もそれなりにありますが、武器防具に不満点に関しては後日DLCを作る予定があるという情報があるので、ある程度解消を期待したいところです。それと今月25日のアップデートで何が変わるか注目です。
























スポンサーサイト

うなぎん

FC2ブログへようこそ!